日本銀行の真実【日銀に関する陰謀論はデタラメ】


ロックフェラーやロスチャイルド、ユダヤ人やフリーメイソンなどが日本の中央銀行の日本銀行を支配して紙幣を自由に刷りまくっているみたいな陰謀論を目にしますが、日銀が勝手に紙幣を製造することはできません。そして日本銀行は株式会社ではありません。

nitigin001.png


日本銀行は、日本銀行法により設立された許可法人で、政府機関や株式会社ではありません。許可法人とは、設立のときに行政庁の認可が必要な法人のことです。
日銀HP:日本銀行について
日銀HP:日本銀行は株式会社ですか?


株式会社ではない


日本銀行がジャスダック市場に上場しているので、株式会社だと思っている人がいますが、日銀は株式会社ではありません。ジャスダック市場に上場していますが、取引されているのは株ではなく、出資証券です。日本銀行株というものは存在しません。日銀の株は無いのですから、株式会社と呼ぶことはできません。

ちなみに、日本銀行の資本金は1億円です。その55%が政府から、45%が民間からの出資です。つまり、4500万円分の証券しか市場で取引されていないというわけです。


なにもできない


もし4500万円分の出資証券を手に入れても、なにもすることはできません。なぜなら、株主総会に相当する出資者総会は存在せず、議決権の行使や経営参加権も認められていないからです。配当を貰う以外なにもないのです。


nitigin002.png


勝手に印刷できない


最初に説明しましたが、日本銀行が勝手に紙幣を製造することはできません。お札を作れと命令できるのは財務大臣だけです。財務大臣が日本銀行に製造命令を出し、日本銀行が国立印刷局に発注し、国立印刷局が製造をします。

ロスチャイルドやロックフェラーやイルミナティやユダヤ人や秘密結社が日銀に出資をしても、日銀を支配しても、自由に紙幣を印刷することはできません。


なぜ許可法人?


最後に日銀がなぜ許可法人なのか理由を説明します。日本銀行法第3条第1項で独立性について、第5条第2項で自主性について定められているため、日本銀行は独立性と自主性を確保しなければいけません。

日本銀行が国の機関ではなく、財務省所管の認可法人となっているのはその法律があるからです。

日銀についての説明を終わります。
関連記事

タグ : FXコラム 陰謀論

ホーム  prev »

Google+

Twitter

ブログランキング