FXはいくらからできる?FXの最低取引金額(資金)


FXをするために必要な資金(お金)は5万~6万円です。最低取引金額は、通貨ペアごとに違います。さらに、通貨ペアの値が変わると最低取引金額も変わります。

ikura001.png



取引がいくらからできるのか計算する方法を説明します。

・通貨ペアの値 × 1万 ÷ 25


1万通貨



上の計算方法の1万というのは1万通貨のことです。FXは1万通貨が最低取引単位なので、ドル円が100円なら、100円×1万です。

本来なら最低100万円くらい必要なのに、数万円程度で取引をすることができるのはレバレッジという仕組みのおかげです。


レバレッジ



上の計算の25というのはレバレッジの数字のことです。レバレッジというのは簡単に説明すると、持っている資金を倍増させて取引ができる仕組みのことです。

FXはレバレッジ25倍まで可能です。つまり、資金の25倍の金額の取引ができるというわけです。4万円のお金があれば、4万×25=100万円なので、100万円分の取引ができます。


証拠金



レバレッジをかけて取引をするときの資金(入金したお金)のことを、証拠金と言います。FXの日本語の名称、外国為替証拠金取引の中に証拠金という言葉が入っているのはそのためです。

ついでに説明すると、外国為替という言葉は異なる2つの通貨の交換という意味なので通貨ペアのことです。外国為替証拠金取引を別の言葉で言うと、通貨ペアのレバレッジトレードとなります。


気をつけよう



FX会社の中には、1万通貨未満の単位で取引ができる会社もあります。つまり1000通貨や100通貨などの取引です。少ない資金で取引ができるような感じがしますが、1万通貨未満の取引では、手数料が発生する場合があります。

FXは基本的に手数料は0円です。手数料が発生するようなものには手を出さないほうがいいと思います。


ikura002.png


通貨ペアの値 × 1万 ÷ 25という計算方法を最初に説明しましたが、1万÷25=400なので、×400だけでも大丈夫です。


ドル円100円の場合
100×400=40.000円

ドル円120円の場合
120×400=48.000円


通貨ペアの値は日々変わりますので、取引するときの通貨ペアの値を確認して、×400してみてください。そうすると取引するために必要なお金がいくらかわかります。
関連記事

タグ : FX基礎知識 FX初心者

« next  ホーム  prev »

Google+

Twitter