FX口座とは


FX口座とは、FXの資金を預ける口座のことです。FX口座に資金を入金することで取引ができるようになります。FX口座はFX会社で作ることができます。FX会社のホームページにアクセスして、口座開設の申し込みをするのが一般的なFX口座の作り方です。


FX口座を作らないとFXはできない


ドル円やユーロ円などを取引するFXは、FX口座を作ることで取引ができます。FXを始める場合は、まず最初にFX口座を開設しましょう。


FX口座の作り方


FX口座は簡単に作ることができます。FX会社のホームページにアクセスして、口座開設の申し込みをするだけです。申し込みをしてから数日で口座が開設されます。口座開設は無料でできるので、お金はかかりません。


口座開設のときに必要なもの


FX口座を開設するときに必要なものは、身分証と銀行口座とマイナンバーです。登録する銀行口座は、都市銀行やネットバンクが良いと思います。


身分証
銀行口座
マイナンバー


FX口座ができたら、取引の資金を銀行口座からFX口座に入金します。都市銀行やネットバンクだと即時入金サービスというものが使えるので、入金手続きをしたら即、入金が完了します。


FX会社の選び方


FX口座を提供しているFX会社は沢山あり、口座の内容は会社によって違います。どの会社を選ぶのかというのはとても大事なことなのですが、FXをやったことがない人は、どの会社が良いとか、悪いとかわからないと思います。

マイナーな会社の使いにくい口座で取引を開始するというのはちょっとおすすめできないので、とくにこだわりがなければ、大手の会社を選ぶのが良いのではないかと思います。

GMOクリック証券


DMM.com証券


大手FX会社の中で、とくに有名なのがGMOとDMMです。ダメな部分がほとんどないので、選んで失敗したと思うことは少ないと思います。大手なので当然、沢山のトレーダーが利用しています。

FX口座は複数作ることができるので、口座に不満が出た場合は、他の会社の口座を使うということもできます。
関連記事

  1. この記事をはてなブックマークに追加
2014-09-15 03:34 : FX口座開設 :
« next  ホーム  prev »

Google+

Twitter

FXブログランキング