いつまでも同じことをやるのは無意味


分かっている人もいらっしゃると思いますが、トレードでみんなと同じ事をやっても良い結果は生まれません。

onazi001.png


年を重ねると、人と違う事をやったり個性を出したりする事が出来にくくなりますが、人と違う個性のある事をやらなければ、他の人と違う結果を得る事は出来ないと思います。


同じではダメ



当たり前の話しですが、同じ事をやっている大勢の人がすべて勝つなんて事はありません。勝つのは少数派なので、簡単に言ってしまえば同じ事をやっていない人です。トレードでは人と違う事が武器になるので、教科書通りのトレードではなく、人と違う個性をプラスした方が良いです。


発見する



「人と違う事って何だろう」と思うかもしれませんが、難しく考える必要はまったくありません、ちょっとした違いでいいんです。儲けている人は他の人が気づいていない何かを発見しています。


準備する



何かを発見した人は偶然それを発見したわけではなく、見つけようとしていたから発見する事が出来たんだと思います。つまり、見つける為の準備が整っていたわけです。

色々な情報や知識を頭に入れて、どれをどういう風に組み合わせるといいんだろうと貪欲に考えているから、なにかのキッカケでひらめいたり、気づいたりするのだと思います。「運も実力のうち」という言葉がありますが、その言葉の本質はそういう事だと思っています。

何もやっていない人が偶然ひらめく事はなく、ひらめく準備が出来ている人が何かをひらめき、そしてトレードで勝つ準備が出来ている人がトレードで勝つわけです。何事も準備が大切で、準備が出来ていない人は勝てません。


いつまでも



運よく何かを発見しても、ソレをずっと使い続ける事は出来ません。なぜなら、値動きの要因が変わると有効なやり方も変わるので、その時効果的だったやり方もしばらくすると効果が無くなるからです。有効なやり方には賞味期限があり、永遠においしい思いをする事は出来ないのです。
関連記事

タグ : FX手法 FXコラム

« next  ホーム  prev »

Google+

Twitter