ファンダメンタルズの分析手法


取引の判断材料はテクニカルとファンダメンタルズの2つがありますが、多くのFXトレーダーがテクニカルを重視して取引しています。

fan001.png


中にはファンダメンタルズなんてまったく見てないと言う人もいるくらいです。何を取引の判断に利用するのかは取引する人の自由なので問題は無いのですが、テクニカルだけでなくファンダメンタルズも取引の材料に使った方がいいと思います。


ファンダメンタルズとは



ファンダメンタルズとは国・経済・企業などの基礎的な部分の事で、企業でいうと売上や利益や借金や資産などの事で、国で言うと財政や貿易・物価・雇用・政治などです。さらに身近なもので言うと、定期的に発表されるGDPや雇用統計などの経済指標もファンダメンタルズになります。

ドル円などの通貨ペアの為替レート、つまり為替の値を決めているのはファンダメンタルズですドル円ならば、アメリカと日本の2つの国の様々な要因が分析され為替レートがはじき出されます。

当たり前の話ですが、2つの国のどちらかが何かを変えたり、何かの数字が変化したりすると、基本的に為替レートも変化をします。その変化がすぐに為替レートに反映される事もありますが、変化の内容によってはジワジワと長い時間をかけて為替レートに反映される事もあります。


分析


ファンダメンタルズを分析すると言っても、最初から全ての事を分析するのは難しいと思いますので、最初は「長期金利」やマネタリーベースなどの「通貨量」から調べてみると良いと思います。

為替のコアな部分の事なので、ソレがどう値動きに影響しているのか理解しやすいはずです。ファンダメンタルズを分析すると値動きの大きな流れが頭の中に見えてきます。大きな値動きの流れが見えてくると長期の取引に利用する事が出来ますし、短期の取引でもかなり役に立ちます。
関連記事

タグ : おすすめ

« next  ホーム  prev »

Google+

Twitter