ポジションを持ちたい欲求に負けないでください


パチンコや競馬などのギャンブルをやっている時と同じように、FXも取引をしていると嬉しい気持ちになったり、悲しい気持ちになったり、ドキドキしたりします。

posi001.png


普段の生活で感じる事が出来ないそういった気持ちは癖になるので、またあの気持ちを味わいたいと思うようになります。


物足りなさ


ポジションを持っている状態、つまり新規注文を入れて保有している状態が無くなると物足りなさを感じてしまうので、特に理由もなく注文を入れてポジションを持とうとしてしまいます。

取引をする時というのは「そこで注文を入れた理由」というのが無いとダメなのですが、儲けたい欲と、ドキドキしたい欲求によって冷静な判断が出来なくなっていると、欲を満たす事を優先してしまうので、根拠の無い注文を入れてポジションを持とうとします。


理由


先ほど書いたように、取引をする時には必ず理由が無いといけません。なぜそのタイミングなのか、なぜソレなのか、という問いに即答出来るようなトレードをする事が基本です。


楽しむ


興奮したい欲に負けて、意味の無いポジションを持つ人は取引という行為に楽しみを感じています。そこが大きく間違っているポイントで、FXで楽しみを感じるポイントは結果です。

取引自体に楽しみを感じる必要は無いのです。楽しむどころか精神的苦痛やストレスを感じる事の方が多いのに、取引が楽しいと感じてしまっている時点で危険です。


例え話ですが、ボディービルダーに筋肉の付かない筋トレをこれからずっとやってくださいと言っても誰もやりません。なぜなら、筋肉が付くという結果があるからボディービルダーはキツイ筋トレをやっているのです。

ボディービルダーが筋トレが楽しいと言うのは、筋肉が付くから楽しいと言っているわけで、筋トレ自体が楽しいと言ってるわけではありません。楽しむべきポイントは結果です。行為がメインになってしまってはいけません。


客観的


マネーゲームの世界はメンタルが安定していないとヤラれてしまうので、自分のメンタルがどういう状態なのか、自分で客観的に分析してください。最大の敵は自分とよく言われますが、FXでも同じです。損をするのは誰かのせいでも何かのせいでもありません。すべて自分のせいです。
関連記事

タグ : メンタル FX上達

« next  ホーム  prev »

Google+

Twitter

ブログランキング