FX口座の見直しのポイント


FX口座は、FX会社が違うと口座の内容も違います。システムやデザインだけでなく、テクニカルの種類やロスカットルール、スプレッドといった取引に直結するものまで違います。

minao001.png


これだけの違いがあるのですから、当然トレーダーに合うもの合わないものがあるはずです。いま使っているFX口座よりも、自分に合っているFX口座があるかもしれません。


見直しのポイント



5つの見直しポイント



FX口座の見直しのポイントは5つあります。システム、デザイン、テクニカル、ロスカット、スプレッドです。この5つに注目をしてFX口座の見直しをしてみてください。


システム


まず最初にシステムですが、障害や緊急メンテナンスが多かったり、システムが安定していなかったり、変なタイミングで突然スプレッドがひらいたりするFX会社もあります。「この会社大丈夫かな」と思いながら取引するのは良くないので、いま使っているFX口座のシステムに不安を感じているなら見直しをしたほうが良いと思います。


デザイン


次にデザインですが、サイトや取引ツールのデザインがよくないと取引に影響を与えることがあります。表示する内容やボタンの配置場所、シンプルな操作性、これらがしっかりと考えて作られていないと、スムーズに取引することができません。いまの口座が使いにくいと感じているなら見直ししましょう。


テクニカル


テクニカルを利用している人はとても多く、FXでは重要なツールです。すべてのFX会社が同じテクニカルを使えれば問題はないのですが、会社が違うと使えるテクニカルも違います。


見直し


もし、使いたいテクニカルが入っていなくて、あきらめた経験があるなら、そのテクニカルが使えるFX口座を選んだほうが良いと思います。いま使っているFX口座をずっと使わないといけないというルールはありません。


ロスカット


次にロスカットですが、どのくらいでロスカットされるかはFX会社によって違います。取引方法によっては、重要なポイントになるのでしっかりと確認をしましょう。


スプレッド


最後にスプレッドですが、スプレッドは取引コストなので、スプレッドの数値が少ないFX口座を使ったほうが当然良いです。そして、取引中のスプレッドの変化にも注目しなければいけません。

スプレッドがひらきすぎていることが多い会社はあまりおすすめできないので見直ししたほうが良いと思います。1つしか口座をもっていないと確認することができないので、ほとんどの人がわからない部分だと思います。


おすすめのFX会社



DMM.com証券



上記の会社がおすすめのFX会社です。この会社の口座を使ったことがないなら1度使ってみることをおすすめします。大手の会社なので内容がしっかりとしています。
関連記事

タグ : FX口座 FX会社

« next  ホーム  prev »

Google+

Twitter