トレンドライン手法


値動きを表示しているチャート画面には好きなように線を引くことができます。その線を利用した取引手法がトレンドライン手法です。


トレンドライン



トレンドラインは2種類あります。サポートとレジスタンスです。日本語で言うとサポートラインが支持線、レジスタンスラインが抵抗線です。

・下から支えて跳ね返すからサポート
・上で抵抗して跳ね返すからレジスタンス


trend01.jpg



人それぞれ


ラインをどこに引くのか、どこから引くのかは人それぞれです。何度もラインを引いて有効なラインを見つけてみましょう。


時間を変える


値動きを表示するチャートは、5分、10分、30分など色んな時間設定で見ることができます。その時間軸が変わるとチャートの形が変わるので、ラインの形も変わります。ラインを引くときは同じ時間設定だけでラインを引くのではなく、いろんな時間設定でラインを引いてみたほうが良いと思います。


引き直す


ラインは何度も引き直さないといけません。チャートの時間設定が短いほど短時間で引き直す必要があります。5分足と1時間足のチャートなら5分足のほうが引き直す回数は多くなります。


奥が深い


シンプルなだけに奥が深いのがトレンドラインです。色んな方向から値動きを見てラインを引いてみましょう。
関連記事

タグ : テクニカル チャート FX手法

« next  ホーム  prev »

Google+

Twitter