大きく損をしない為に逆指値注文を使いましょう


注文方法の1つに「逆指値注文」というものがあるのですが、これを使うと、予想と違う方向に動いた時に、自動的に決めた数値で損切りをすることが出来ます。

giyaku001.png


大きく損をしない為の保険になったり、感情に左右されない機械的な損切りが出来たりするので、とても役に立つと思います。


逆指値注文



例えば、これから値が上がると予想して、100円の時点で買い注文を入れようとしたとしますその注文の時に、100円で買った後に98円に下がったら損切りするという注文を同時に入れるのが逆指値注文です。先ほども説明していますが、逆指値を入れると自動的に損切りされます。


使い方



逆指値注文が出来ないFX会社は無いと思いますので、どこの会社の口座でも逆指値注文は可能です。注文をする画面のどこかに、逆指値注文の項目があると思いますので確認してみましょう。


早めに



FXを長く続ける為には大きく損をしないことが大事です。1度の大負けで辞めてしまう人は多いですし、大きくマイナスになった状態で損切りも出来ず、新しい注文も出来ず、ただ見守るしか出来ない日々を長く経験して、FXが嫌になって辞める人もいます。

そういうことを防ぐ為にも、傷が浅い状態で損切りをしておいた方がいいのです。特に、初心者の頃は大きなマイナスの状態になる可能性が高いと思いますので、なるべく逆指値注文を利用したほうが良いと思います。
関連記事

タグ : FX

« next  ホーム  prev »

Google+

Twitter