FXとは


FXとは、世界中のお金を取引する金融商品のことです。FXはエフエックスと読み、FXをする人のことをFXトレーダーといいます。取引するお金というのは、日本の円やアメリカのドル、ヨーロッパのユーロなどです。これらのお金を2つ組み合わせた通貨ペアというものを取引します。

fxの写真

ニュースなどでドル円という言葉を聞いたことがあると思うのですが、これが通貨ペアです。ドル円は、アメリカのドルと日本の円を組み合わせた通貨ペアです。

ちなみにFXという言葉は、oreign Echange(外国為替)を略したものです。


取引について



FXはパソコンやスマートフォンを使って取引をします。特別な資格などは必要ないので、基本的に誰でも取引をすることが可能です。


取引時間


FXは平日であれば24時間取引することができます。


取引資金


FXは5万~6万円から取引することが可能です。


取引をするには


FXはFX口座を作ることで取引ができるようになります。FX口座を作り、資金を口座に入金すると取引ができるようになります。

・FX口座を作る → 資金を入金 → 取引開始


FX口座について



取引するときに必要なFX口座は、FX会社で作ることできます。FX会社のホームページにアクセスして、口座開設の申し込みをして作ります。FX口座は無料で作れるのでお金はかかりません。


必要なもの


・身分証
・銀行口座
・マイナンバー


大手FX会社


DMM.com証券


GMOクリック証券


取引の流れ


FX口座を開設したら、取引の資金を銀行口座からFX口座に入金します。FX口座に資金を入金できたら、取引を始めることができます。


取引


取引は、FX会社のサイトにある取引ページや取引用のアプリで行います。取引をするときは、値動きの画面と、注文をするための画面を表示させるのが一般的です。

下の画像は注文画面の画像です。FX会社によってデザインなどは違うのですが、基本的な部分はどの会社でも同じです。


toha002.png


USD/JPYと書いているのは通貨ペアのことで、ドル円です。その下の青と赤の2つの数字は、売りと買いの値です。さらにその下は、数量と、どのくらい儲けているのか損しているのかが表示される場所です。一番下にあるのは、注文をする数量を決めるボタンです。


・通貨ペア → 数量 → 注文


取引をするときは、通貨ペアと数量を決めておき、あとは買いか売りのボタンを押すだけという状態にしておきます。取引はとても簡単にできるので、一度やるとすぐに慣れると思います。


値動きの確認


値動きをグラフにしたものをチャートといいます。取引をするときは、このチャートをずっと見ていることになります。


toha003.png


チャートは値動きを見るだけでなく、予想をするために使うこともあります。チャートを分析することをテクニカルといい、多くのFXトレーダーが値動きの予想をするためにテクニカルを利用しています。


下がっても儲かる


FXは売りから取引を始めることができるので、値が上がっているときだけでなく、下がっているときでも利益を狙うことが可能です。
売りから取引ができる理由を詳しく知りたい場合は、売りから取引ができる仕組みをご覧ください。


通貨ペア


取引できる通貨ペアは20以上あります。その中で1番人気があるのはドル円です。ドル円はアメリカのドルと、日本の円を組み合わせた通貨ペアです。


ドル円  USD/JPY
ユーロ円 EUR/JPY
ポンド円 GBP/JPY


通貨ペアは上記のように英語で書かれています。ドル円の他に人気の通貨ペアはユーロ円やポンド円などです。誰でも知っているメジャーな通貨を組み合わせた通貨ペアが人気です。
関連記事

タグ : FX基礎知識 FX初心者 FX入門

  1. この記事をはてなブックマークに追加
2014-02-08 07:32 : FX初心者の為の入門講座 :
« next  ホーム  prev »

Google+

Twitter

ブログランキング