勝率よりも利益を意識しましょう


どんなに勝率が良くても、利益の総額より負けた時の損失の総額の方が大きければ資金を減らしてしまうので、儲けた事にはなりません。

rieki003.png


コツコツ小さい利益を積み重ねて、ドカーンと大きく負けるという典型的な負けパターンをやらない為に、「勝率」よりも「利益」を意識しましょう。


勝率が良くて損する



先ほど書いたように、FXで負ける典型的なパターンがコツコツ儲けてドカーンと損をする取引です。これは、取引の経験と知識が浅い時、つまり、初心者の頃にやってしまいがちな取引です。

rieki001.png


なぜコツコツドカーンをやってしまうのかと言うと、トータルで見るという事を知らず、目の前の1回の取引の事しか頭に無いからです。そして、自分のメンタルに負ている事も原因の1つです。

どういう事かと言うと、取引中にプラスになっていると「すぐに反対に動いてマイナスになるのでは?」とトレーダーは考えてしまいます。その気持ちに負けてしまうと少ない利益ですぐに利益確定をしてしまいます。

そして、予想が外れてマイナスになっていると「そのうちプラスの方に戻ってくるだろう」と根拠や理由も無しに考えてしまうのです。その気持ちを受け入れてしまうとすぐに損切りする事が出来ずに、損失が拡大してドカーンと大きく負けてしまうのです。


勝率が悪くても儲かる



最初に説明しましたが、大事な事は勝率よりも「利益」です。勝った時のトレードでどのくらいの利益を出す事が出来たのかが大事になります。簡単に説明すると、コツコツ勝ってドカーンと負ける取引の逆になるといいわけです。

つまり、コツコツと小さく負けてドカーンと大きく勝つ、もしこのような取引をする事が出来れば、どんなに勝率が悪くても最終的に儲ける事が出来ます。

rieki002.png


上の図が、コツコツと負けてドカーンと勝った時のイメージなのですが、これで見ると分かりやすいと思います。このような取引をする為には、「利益」を意識する事、そして負けに慣れる事そして、自分のメンタルに負けない事です。

予想が当たってプラスになっている時に不安になってすぐに利益確定したくなる心理に負けずにしばらく見守る。予想が外れてマイナスになっている時に、そのうち戻すだろうと考えてしまう心理に負けずにすぐに損切りするなどです。

とても簡単な事のように感じると思いますが、やろうと思ってもなかなか出来ません。簡単に出来ないから多くのFX初心者が自分のメンタルに負けた取引をして資金を減らし、FXを辞めていくのだと思います。FXに限った事ではないのですが、成功をしている人は強い意志を持っています。
関連記事

タグ : トレード 利益 FX初心者

« next  ホーム  prev »

Google+

Twitter